高皇産霊尊

タカミムスビ・タカムスビ

古事記でのタカミムスビは造化三神と呼ばれ、特別な神(別天津神)として扱われています。

※読みにくくなるので「様」などの尊称・敬称は省いて記載する失礼をお許しください。

天地開闢の時・・・

最初に天之御中主神(あめのみなかぬし)が現れ
その次に現れたのが御産巣日神(たかみむすび)という神であると記載されています。

※その次に神産巣日神(かみむすび)

造化三神は、いずれも性別のない神であり登場してすぐに姿を隠している

え?何ですぐに姿を隠すの?

ここに色々と謎がありそうですね。

“高皇産霊尊” の続きを読む