縮毛矯正20年の専門家が、あなたの癖が伸び無い原因を教えます。

縮毛矯正20年の専門家が、あなたの癖が伸び無い原因を教えます。

2021年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪の 縮毛矯正 専門店・矯正屋の辻です。

「どこの美容室で縮毛矯正をしても奇麗に癖が伸び無い」と言うお悩みや「縮毛矯正をしてもすぐに取れてしまう」と言うお悩みをお持ちではありませんか?

 

私が運営している矯正屋では、1999年の開業以来15000件以上の非常に強い癖毛の悩みを解消し続けてきました。

そして多くのお客様に「他店の縮毛矯正と比べて非常に持ちが良い」と言う評価を頂いています。

どんな強い癖も縮毛矯正します

何故、他店の縮毛矯正では伸ばせないような強いくせ毛を簡単に伸ばすことが出来るのか?
また、何故他店の縮毛矯正よりも持ちが良いのか?

その秘密の一部をこのブログに書いてみたいと思います。

本記事で貴女がわかること

*縮毛矯正が奇麗にのびない理由

*縮毛矯正がすぐに取れてしまう原因

*強い癖でも持続性が良く縮毛矯正が出来る理由

ここで発信している情報の信憑性については、私の縮毛矯正の専門家としての20年の履歴や15000件以上の縮毛矯正の施術実績が信憑性の担保になっていると思います。

10分ほどで読める内容になっていますので最後までご覧になって下さい。

つーちゃん
つーちゃん
参考になったと言う方はイイネ・コメントをお待ちしています。

 

縮毛矯正の仕上がりで一番に考えなければいけないことは癖が奇麗に伸びている事

縮毛矯正の目的は「クセ毛」を「ストレートヘア」に奇麗に伸ばす事です。

その目的を達成できなかったと言う事が縮毛矯正において一番の失敗です。

ダメージによるチリチリ・テロテロも起こしてはいけない縮毛矯正の失敗ではあるのですが、それは失敗を通り越した事故のようなものなので、やはり縮毛矯正において一番の失敗は癖が伸びていない事と言う事になります。

だから多くの美容師は、しっかりと伸ばすために還元(薬の作用)をオーバー目に働かせます。

縮毛矯正の1剤の有効成分に水素を与えることで、毛髪中のタンパク質の繋がりを切断しタンパク質が動きやすい状態を作る事を「還元作用」と言います。

当然ながら、この還元作用が弱いと癖が伸びにくくなりますが、しっかりと伸ばすために還元作用をオーバー目に働かせると髪のダメージに直結します。

しっかりと伸ばした代償として最小限のダメージが出る事はある程度仕方のない事なのですが、それが過剰なオーバーダメージでは縮毛矯正を行う意味が無くなります。

理想を言えば・・・
より少ない還元で、しっかりと伸びればいいんですが現実的にそれは矛盾したことで難しいわけです。

その矛盾を埋め合わせるのがアイロンワークの上手さです。

アイロンワーク

アイロンの入れ方には、幾つかのポイントがあり、髪質や癖の状態によってその都度適した組み合わせでアイロンワークを行っていきます。

  • アイロンの温度
  • アイロンを髪に当てている時間
  • アイロンのプレス圧
  • アイロンのテンション
  • アイロンのスライス幅

髪質や癖の状態に適したアイロン技法を行う事で、最小限の還元作用でもしっかりと伸ばすことが出来ます。

しかし、その都度適した組み合わせでのアイロンワークが求められるので経験値の低い技術者には少々ハードルが高いと言うのが現実では無いでしょうか。

その為に多くの美容室では薬剤のパワーに頼ってしまい、しっかりと伸ばすために還元(薬の作用)をオーバー目に働かせるのですね。

つーちゃん
つーちゃん

縮毛矯正のアイロンワークの前のドライも大きなポイント

ドライ

縮毛矯正の1剤を洗い流した後に髪をドライしてからアイロンワークに入るわけですが、このドライも縮毛矯正の伸びや持続性に大きく関わってきます。

アイロンワーク前のドライで、何が大切なのかと言うと「水抜き」と呼ばれる髪の水分コントロールです。

アイロンを入れる前の髪を乾かし過ぎると、髪の中の水分が少なすぎて、たんぱく質の動くスキマが無くなり真っ直ぐな形状には成りません。

逆に、アイロンを入れる前の髪の水分が多すぎるとビビり毛の原因になり取り返しがつかない状態になるのです。

縮毛矯正の上手い美容師は、この水分コントロールが上手く出来ている美容師だと言えるのですが、この水分コントロールも時間の経過とともに髪は自然乾燥していきますので、どの部分をどれぐらい湿らせておくのかと言う加減が非常に難しく経験値の低い技術者には難しいテクニックだと言えます。

水分コントロールを簡単に行う方法

理想的な水分コントロールを習得する為には結構時間がかかる訳なのですが、比較的に簡単に理想的な水分コントロールを実現できる方法があります。

それは、ある程度しっかりと乾かした髪に「シクロメチコン」を噴霧してからアイロン処理するという方法です。

シクロメチコンを縮毛矯正のアイロン前に噴霧する事で、水で湿っているのと同じような状態が作れますので、たんぱく質の移動に必要なスキマを十分に確保する事が出来ます。

その結果、少ない還元作用でも、しっかりとよく伸びます。

また、水と油とは沸点が違いますので、アイロン熱によるビビリ毛等のトラブルも起こりにくくなります。

ただし・・・
シクロメチコンがアイロン熱により揮発した気体を吸うことは身体にあまり良くありません。

お客様は低い位置にいますので大丈夫なのですが、施術者はモロに揮発した気体を顔に浴びる形になります。

なので、この方法で施術する場合はサーキュレーターなどで空気の流れを作るなどの工夫をすることをお勧めします。

つーちゃん
つーちゃん

僕はそのままでやりますけど、人によってはゴーグルとマスクを着用し揮発した気体が瞬時に飛び散るようにファンを回し
って・・・かなり慎重な状況でやる方もいますね。

■まとめ

縮毛矯正が伸びない・持続性が悪いと言う一番の原因はアイロンワークの未熟さにあります。

そのアイロンワークの未熟さを補うために薬剤パワーに頼るのでチリチリ・テロテロのダメージが出やすい訳です。

そうならない為にもアイロンワークの上手な美容室を見つける事が必要です。

 

大阪・藤井寺の縮毛矯正専門店矯正屋

大阪の縮毛矯正専門店の口コミを見る