縮毛矯正の失敗が起こる3っの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
縮毛矯正の失敗

あいかわらず縮毛矯正のトラブルは後をたちません、恐らく無くならないのでは無いかと思います。
何故なら縮毛矯正のトラブルで、チリチリ・ビリビリ・テロテロの髪になった・・・と言うのは縮毛矯正の失敗ではなく「事故」だからです。

事故とは意図せず相手に損害を与えることです。
縮毛矯正のトラブルも自動車の事故も同じようなものなのです。人が行っている以上、事故は無くならないのです。

縮毛矯正の失敗と縮毛矯正のトラブルは別物

 

ここで話す内容は、あくまでも僕の経験上での話しなので色々と意見もあるかと思います。

でも20年間・毎月70人以上の縮毛矯正をこなし続け、延べ15000件以上の縮毛矯正を施術し、縮毛矯正に関しては恐らく日本でトップクラスに経験値の高い僕が言う縮毛矯正の話しなので、ある程度は信頼性は高いと思っています。

つーちゃん
つーちゃん
この話を理解すると、チリチリ・ビリビリ・テロテロなどの縮毛矯正の事故が後をたたない理由がよくわかると思います。

縮毛矯正での失敗とは、ただ一つしかありません。
それは、「癖が伸びなかった」と言う事だけです。

失敗とは、目的としていた事柄に到達しなかった事を言います。
縮毛矯正は、癖毛をストレートヘアに伸ばすと言う目的を持って行うわけですから、縮毛矯正での失敗とは「癖が伸びなかった」と言う事だけなのです。

縮毛矯正で髪が「チリチリ・ビリビリ・テロテロ」になったと言うのは、縮毛矯正の失敗ではなく「縮毛矯正での事故」なのです。

例えば自動車事故の場合、故意に損害を起こしてやろうと思って自動車を運転していたとしたら、それは事故ではなく事件になります。

しかし、事故を起こしてしまった人は、他人に何らかの損害を与えてやろうと思って自動車を運転をしていたわけではありません。

人に迷惑や損害を与える事無く安全に便利に自動車を運転しよう・・・と思っていても、それでも起こるのが事故なのです。

縮毛矯正でも同じです。

綺麗なストレートヘアにしてあげたい。
と考えて施術したにも関わらず、意図せずチリチリ・ビリビリ・テロテロになったと言う事なので、やはり「縮毛矯正での事故」なわけです。

なぜ縮毛矯正の事故が起こるのか?

縮毛矯正の事故が起こる理由は三つしかありません。

  1. 施術者が未熟すぎる
  2. 施術者が慢心している
  3. うっかりミスなどの不注意

縮毛矯正の事故が起こる原因も、自動車事故が起こる原因と全く同じです。
縮毛矯正の事故も、この三つのうちのいずれかが原因なのです。

技術者が未熟すぎる

自動車の運転の場合は、運転技術が未熟だと危険なので教習所でしっかりと技能を習い事故を起こさないようにするわけです。

教習所でしっかりと技能を習い「最低限度の技能を身につけた」と言う事で、自動車免許というライセンスをもらい自動車の運転が出来るわけです。

しかしこれは、あくまでも「最低限度の技能を身につけた」という事であり、運転技能の高さをを認められたものでは無いわけです。

だから、一年間は「若葉マーク」と言うプレートを貼り、「初心者で未熟である」と言う事を自他共に認識しあいながら経験値を積み運転技術を熟練させていくわけです。

では、これを縮毛矯正に当てはめて考えて見るとどう言う事なのか?
縮毛矯正における「若葉マーク」とは、どの程度の経験の美容師なのかと言う事を話していきたいと思います。

各美容室の試験に合格した程度では仮免許程度の話です。

自動車運転における若葉マークとは、一人で自動車の運転はしてもいいけれど「初心者で未熟である」と言う事を示しながら運転するように・・・と言う状態の事です。

これを縮毛矯正に当てはめてみると
各美容室の技能検定に合格して縮毛矯正デビューした状態は、自動車運転における「若葉マーク」と同じだとは言えません。

誰の管理も無く自動車運転が出来る状態が「若葉マーク」なので、各美容室の技能検定に合格したぐらいでは、縮毛矯正においては「若葉マーク」にもまだ到達していないわけです。

各美容室の技能検定に合格した状態とは、縮毛矯正は一応担当できるけど、先輩や店長の管理の下で施術できると言う程度のことです。

言って見れば自動車運転における仮免許みたいなものです。
縮毛矯正における「若葉マーク」は、各美容室の技能検定合格のまだずっと先にあるのです。

では縮毛矯正における「若葉マーク」にはどれぐらいの期間が必要なのでしょうか?

若葉マークと呼ばれるまでにどれぐらいの期間が必要なのか?

あくまでも僕の経験値による感覚ですが、縮毛矯正における「若葉マーク」とは、各美容室の技能検定を合格してから300人程度の縮毛矯正をこなしたぐらいで、縮毛矯正における「若葉マーク」と言えるぐらいだと思います。

これは、例えば一人のお客様を二人の美容師で施術すれば0.5人とカウントしての300人程度の縮毛矯正ということです。

一般的な美容師の場合、毎日一人以上のお客様の縮毛矯正を行うと言う事はあまり無いと思います。

恐らく多くても二日に一人ぐらい、月間で言うと12人ぐらいの縮毛矯正しかしないと思います。
※これでも多いほうだと思います。

つまり、かなり頑張っている美容師でも「若葉マーク」と言えるぐらいの状態になるためには、縮毛矯正デビューから2年1カ月の期間が必要だと言う事です。

※一人のお客様を二人の美容師で施術する事が大半なので、実際にはこの倍以上の期間が必要です。

「若葉マーク」と言えば、自動車免許で言えば免許を取り立ての未熟なドライバーの事です。

それと同等の未熟な縮毛矯正の美容師でも、縮毛矯正デビューから2年~4年以上の経験値が必要だと言うことです。

縮毛矯正デビューから2年~4年以上たっても、まだまだ未熟な美容師って言うことですね。
つーちゃん
つーちゃん

そして、そこからさらに300人ぐらいの縮毛矯正を経験(約2年~4程度)をすると、「若葉マーク」が取れるまでにはなっているはずです。

つーちゃん
つーちゃん
矯正デビューから4年~8年ぐらいでも、まだ一般的な技術者というだけで熟練の上手い技術者とは言えないと言うことですね。

さらに300人ぐらいの縮毛矯正を経験をすると多少経験値のある上手い美容師と言われるようになり、そこから経験値を積めば積むほど安心して任せられる技術者になっていくと言うことです。

つまり、縮毛矯正を本当に安心して任す事が出来る美容師は、縮毛矯正デビューから少なくても10年~20年ほどの経験値のある美容師だと言う事ですね。
つーちゃん
つーちゃん

しかし実際にはどうでしょうか?
縮毛矯正を担当するのは、若い美容師さんが多いのではありませんか?

若くて経験値も浅く未熟な美容師さんが縮毛矯正を行う事が多いので、チリチリ・ビリビリ・テロテロになったと言う縮毛矯正の事故が後を絶たないわけです。

未熟な施術者を見抜く方法とは

矯正屋には他店で失敗された方が駆け込んでくる事が多々あるのですが、その中でも「化粧品扱いの薬をつけるので大丈夫」と言われたけども、傷んだので矯正屋に来たという方が非常に多いです。

「化粧品扱いの薬をつけるので大丈夫」または「うちの縮毛矯正は特別なやり方だから」と言う台詞を謳い文句にしている美容師は未熟な施術者だと判断しても間違いないと思います。

化粧品扱いの薬剤だからと言っても安心な薬剤と言うことでもありませんし、縮毛矯正に特別なやり方などは存在しないのです。

存在しないものを存在する・・・とメーカーの言うことを盲目的に信じる美容師なんてその程度の認識しか無いって事です。

「化粧品扱いの薬をつけるので大丈夫」なんて事を言う時点で、縮毛矯正に対する意識や認識が低く浅いのです。

だから、「化粧品扱いの薬をつけるので大丈夫」なんて事を言われたら、すぐに逃げたほうが賢明です。

施術者の慢心が事故を起こす

しっかりと技能を習っていても「自分の運転技術は優れている」と錯覚して

  • 猛スピードで急カーブに突っ込んだり
  • 無理な追い越しをしたり

そんな無謀な運転をすると、それは事故につながります。

縮毛矯正の場合も同じで、不必要で無謀な事を行うとほぼ間違いなくチリチリ・ビリビリ・テロテロなどの縮毛矯正での事故につながります。

では何故そんな不必要で無謀な施術に及んでしまうのか?

それは施術者の慢心以外の何者でもありません。

  • 自分は上手いから失敗はしない
  • 絶対にチリつかせないから任せて

そんな慢心が、普通なら行わないような無謀な施術に繋がるのです。

絶対に大丈夫・・・
確かに僕もそんな錯覚に陥るときがあります。

今まで僕もチリチリ・ビリビリ・テロテロなどの縮毛矯正での事故を起こした事はありますが、必ずといっていいほどその時は慢心して調子にのっているときです。

調子に乗って「俺なら出来る・俺なら大丈夫」と、危険目な髪にも余分なアタックをしてしまうのです。

絶対に大丈夫なんて
絶対に無いのです。

  • 僕は大丈夫!
  • 絶対にチリつかせない

そんな気持ちがあると、見えるものも見えなくなってしまいます。
そして普段なら絶対にしないような危険なことも平気でやってしまうのです。

僕は技術する際に、技術よりも先に「職人は臆病であれ」と言う精神が大切だと考えています。

自動車の運転でも、縮毛矯正の技術でも人が行う以上、とんな熟練や達人でも事故を起こす確立はゼロでは無いのです。

だから臆病なぐらいに慎重に考える事が大切なんだと思っています。

事故である以上、事故後の対応が大切

チリチリ・ビリビリ・テロテロなどの縮毛矯正トラブルは縮毛矯正での事故です。

自動車事故の場合、例えばひき逃げのように事故後の対応を誤ると事故ではなく事件になってしまいます。

縮毛矯正のトラブルも事故である以上、その後の対応は非常に大切です。

縮毛矯正の事故を起こした美容室がよく言うセリフを自動車事故の場合に置き換えてみると、事故を起こした美容室が無茶苦茶な事を言っているのがよくわかります。

縮毛矯正の事故を起こした時に美容師がよく言う言い訳のセリフとはこんな感じです。

  • お客様の髪が傷んでいたから
  • しばらくしたら落ち着きます
  • トリートメントで治ります
  • 日にちを開けて施術したほうがいいです

これを交通事故の時のセリフに変換して見ます。
交通事故を起こしてこんなセリフを言う人ってどう思いますか?

  • あなたがそこに居てたからあなたが悪い。(お客様の髪が傷んでいたから)
  • そんな怪我ほって置いたら直る。(しばらくしたら落ち着きます)
  • オロナイン塗っとき。(トリートメントで治ります)
  • 二週間してから病院行きや。(日にちを開けて施術したほうがいいです)
つーちゃん
つーちゃん
どうですか?
縮毛矯正の事故を起こした美容室がよく言うセリフって無茶苦茶じゃないですか?

こんな無茶苦茶な言い訳をして事故をうやむやにしようとする美容室は実際に数多くあります。

こんな対応で誤魔化すなんて、自動車事故で言うとひき逃げと同じではありませんか?
もはやこれは事故を通り越して事件のような気がします。

縮毛矯正の事故は事故である以上誰でも被害者にも加害者にもなる可能性があるのです。
だからこそ、その時の対応でその後の美容室の価値が大きく変わってくるのです。

加害者となってしまった場合は、自分が起こした事故から目をそらせてはいけないのです。

こんなうっかりミスってはじめて見ました

他店で白髪染めをしたお客様が来店されました。

  1. 根元の髪がクの字に折れ曲がって地肌に張り付いている
  2. 肝心の白髪染めは全く染まっていない
  3. 地肌が酷くかぶれて医者に掛かった

これがそのお客様の状態でした。

状態を見て、すぐに原因がわかりました。(あくまでも予想ですが)

恐らく、完全なうっかりミスです。

カラー2剤とパーマ液を間違えて使ったのだと思います。

そんなバカな事ないだろう?と思うかもしれませんが、それしか理由が考えられないですし、そのバカな事が起こるからうっかりミスなのです。

根元の折れは、縮毛矯正ではよくある事故の一つですが、通常ではヘアカラーで根元が折れたりすることは絶対にありません。

還元作用が全く無いカラー剤で、髪が曲がる・折れる・などの形状の変化が起こることは起こり得ないのです。

ほぼ間違いなくカラー2剤とパーマ液を間違えて使用したとしか考えられないのです。
目的が全く別の薬剤を混ぜて使ったので、根元が折れ曲がり、髪が染まらず、頭皮がかぶれたのです。

うっかりや、失敗・・なんて誰だってあります。
だから、この失敗は良いとは言いませんが問題なのはそのミスに対する対応です。

その美容室の対応がちょっと酷い

お客様に聞いた美容室の対応はこうです。

  • 薬剤の間違いもなく いつも通りさせてもらった
  • 通常通りに作業したので、料金はいただきます
  • いつも通りに施術しているから、落ち度は無い

正直耳を疑います・・・

こんなの人身事故を起こして、俺はいつも通りに車を走らせていただけ・・だから俺には何の落ち度も無い。
それどころか、車にぶつかったんだから金払え・・・って言っているようなもんじゃないですかね
つーちゃん
つーちゃん

確かに、わざと間違いを犯す美容師はいません。
でもその美容院でカラーをして、染まらず、根元が折れ、頭皮にかぶれが出たと言うのは目の前にあるれっきとした事実なのです。

確かに、うっかりミスなので、どこでうっかりミスしたのかは気がつきにくいと思います。
だから「いつもと同じようにした」とは主張するでしょうが、染まらず、根元が折れ、頭皮にかぶれと言う結果は出ているのです。

なのに落ち度が無いって言う主張には無理があるように思います。

ご主人様が抗議に行ったそうです。

その際にはこう言われて追い返されたそうです。

  • うちは作業を売っている仕事です
  • お医者さんに行って、治らなくても治療費払うでしょ

それは、全くの屁理屈です。

お医者さんに行って治らなくても治療費を払うのは、そのお医者さんに全くの落ち度が無く、そうなっても仕方の無い場合だけです。

逆に、お医者さんに落ち度があった場合は、重大な医療ミスとして社会的な責任を負うんですよ

その事を理解した上での発言でしょうか?

しかも今回の場合は、髪が染まっていなかっただけではなく

  • 頭皮がかぶれ
  • 髪の根元が折れている

要するに白髪染めとは全く関係の無い症状が出ているのですよ。

どう考えても完全にその美容室のミスです。

「薬剤の間違いもなく いつも通りさせてもらった」と主張する美容室に「じゃぁ、何故こうなったんですか」と聞くと「理由はわからない」としか答えないようです。

つーちゃん
つーちゃん
もはやこんなもん、薬物中毒でラリっている奴に運悪く跳ね飛ばされて、血を流して倒れている所から財布を取られてひき逃げされたようなもんですね。

確かに自分のミスを認めるのは勇気が要ります。

特に僕達のような技術の仕事をしているものにとっては、何年もかけて積み上げてきた自分の知識や技術のミスを認める事は、それまでの自分を否定するようで中々出来ないかもしれません。

でもね、もし縮毛矯正などで事故を起こした場合は、しっかりと謝罪して誠意を見せる事をお勧めします

事故は事故後の対応で大きく差が出るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お得な年間フリーパスについて知りたくないですか?

矯正屋では、めちゃくちゃお得な年間フリーパス会員を120名限定で受け付けています。

何かとコストのかかる縮毛矯正をより安くしてもらうための限定会員。
年間2回以上は縮毛矯正をするよ!って言う方には絶対にお勧めの特別企画です。

■とにかく安く縮毛矯正がしたい。

■癖が強くて縮毛矯正をしてもすぐにダメになる。

■高品質の縮毛矯正を気軽にしたい。

そんな方は是非この情報を受け取って下さい。


フリーパスの内容を見る

コメントを残す

*